椎間板ヘルニア

2013年5月15日 (水)

左足の痛み考察

昨日、左太股が痛いと書き込みつつ帰宅して
夜ランしたのですが、

走るとそれまで痛いと思っていた前面外側ではなく
こんどはハムストリングに軽い痛み。。

しかし体幹を意識して左右のバランスを崩さない走り

※脚で走らず、体幹を意識して前傾で落ちていくのを
 自然に骨で支える感じでしょうか?

を意識して走る分には

それほど痛みが気になる訳ではなかった。

昨日は、長らく家庭の事情や故障で走れてなかった
AKMさんと久々一緒になり、

お互いリハビリペースなので6:10/kmぐらいで走った。

遅い時間だったが、リハビリ中気持ち良く一定ペースで
走れたので、お互い「ありがや、ありがたや」と言いつつ
分かれた。(笑)

終わると、なぜか脚の痛みは軽くなっていた。

片足を曲げて、もう片足を伸ばし腰を下ろすストレッチを
やると左足を曲げて、腰を下ろすポーズが取れない

力が入らず左足が体重を支えられないのだ

風呂場で両足を触りながら、力を入れると
あきらかに右脚の方が固くなる。

もう普段の生活で左右差で困る事は殆どありませんが
左足は、まだ神経圧迫の影響で力が入り難くなってるのだ

左足の痛みは、全体の筋肉で支えるべき状態の時に力が入って
無いので、神経が伝わりやすい一部の筋肉を酷使してる
為ではないかと思う。

なので、前面外側だったりハムストリングの筋の部分が
痛むのだ。

ゆっくり走ると、血流が良くなるのと
一応体幹を意識して走ることで、均等に脚を使える事で
軽くなるのではないかと考察しています。


椎間板ヘルニアによる神経圧迫は日に日に軽くなっているので
もう1週間待てばほぼ、痺れも消えるのではと想定

昨日やっと仰向けにじっくり寝ることができました
あまりに長く動かなかったので、途中で痺れを感じて目が覚めた(笑)
でもまあかなりの進歩です。

ここまで脚の下に毛布入れたり、横向かないと痛くて
寝られなかったですからね

まずは痺れがなくなるまでは
無理にペース走やらないで、じっくりゆっくりペースで
サロマへの脚下地作りでしょう

という事で今日も朝6km 42分 夜12kmで1時間18分
ちょうど合計2時間の練習になりました

朝はAOXPさんと
夜はISNBさん、IK・Mさん、RIKAさんと
おしゃべりラン

今日の夜は、仕事が少し遅く電車事故が重なり30分程遅く
現地到着で、ちょうどみんなが水曜練終えたところで
こちらのペースに合わせて走ってもらった

やっぱり仲間と走るのは良いね

神経の圧迫は、脱出した椎間板ヘルニアを
マクロファージが消失させるのを待つので、

極端に疲れをためたりは駄目だと思いますが
闇雲に休んでも、あまり効果がないと判断しています

以上かってな考察でした。

ランニングの記録はこちらから見てねJognote



人気ブログランキングへ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク