« リハビリ週中です!! | トップページ | 心拍急上昇な週末 »

2017年5月27日 (土)

走れなくなった理由と復活できた理由

以下の記事は最近ちびちび書き溜めたものです

野辺山ウルトラ
なぜ気持ち悪くなり走れなくなったのだろう?
(富士チャレンジの最後もだけど)

なぜ復活できたのだろう?
(初めての経験です)

としばし考えてみました

走れなくなった時は
気持ち悪く、少し立ちくらみしたので
考えられる原因は

・脱水
・低ナトリウム血症状
・低血糖

上記3つのどれかでしょう

低ナトリウム血症状は案外怖い症状で
喉が渇いたと言って水やスポーツドリンクを
飲み過ぎると、身体の中の浸透圧が下がって
命の危険にも繋がる事象です。

症状が脱水と似ているので、
脱水と思って余計悪化させるケースもあるそうで
ウルトラは軽く同症状になっている人が
案外多いと言われています。

詳しくは新澤さんの記事を参照してください
→http://fun-run.tokyo/recovery6.html

で。。当日の状況など考えましたが

脚の痙攣は一切なく経口補給水も摂り、
塩分補給も気をつけながら、
水分をちょびちょび摂取したので。。
脱水と低ナトリウム血症状ではなかった
気がしています。。。

42kmで補給したのは

ATHLETUNE(赤)エナゲイン(BCAA系)
グルタミン5g(オブラートに小分けで包んでおいた)
アミノダイレクト5500(BCAA系)

以下は走りながらの補給
ATHLETUNE(黒)ポケットエナジー 3つ
経口補給水OS-1 350ml

この後暫くして調子が上がり53kmぐらいまでは
良いペースで走りましたが。。

そこから気持ちがだんだん悪くなり。。
そこから6分/kmに落ち。。
60kmの折り返しエイドでは完全にグロッキー状態
なってました。

OS-1も53km付近で飲み干したかな?

その後はスポーツドリンクや水を
ボトルに入れて
塩熱サプリや梅干しなどを摘まみながら
ちょびちょび飲んでいました。

グロッキーした59kmエイドでは
気分を変えてサービスで出ていた
果実酢入りの水を入れてましたが、
チャレンジ富士みたいに蜂蜜入りで
なかったのでエネルギー補給には
なっていません。

しだいに気持ち悪さ増大し。。

そこから71kmのエイドが遠いこと・・

もうリタイヤしようと思ってエイドに到着し

ORIGANIQ エナジードリンク
ATHLETUNE(青)スピードキュア
グルタミン5g
と経口補給水OS-1を少々飲む

これでしばらく休んで走りだすと
それまでの気持ち悪さが嘘のように消えていました

脱水や低ナトリウム血症状では無いと
思ったのは、この時にたっぷりOS-1を
飲んだ訳ではないけど、復活したからです

ORIGANIQ エナジードリンクは
100mlで47kcal で269mlあるので 126.43kcal
ガラナエキス、マテ茶、ビタミンC、クエン酸
などが入ってます

ATHLETUNE(青)スピードキュア
ブドウ糖、チキンエキス、クエン酸、オルニチン、黒酢粉末
ナトリウム  58.1mg
等が入っていて

エネルギー系のジェルや補給食はずっと
何かしら食べているけど力が出なかったのに
上記補給をすると回復しました

何が良かったのか?

実はグルタミン等やBCAA系のアミノ酸ではないのか?
と思いました。

今月のランナーズP57に糖新生(脂肪燃焼)回路
活性でレース後半の失速とサヨナラという記事があり

日常生活で糖を枯渇した状態を作ると、アミノ酸や脂質から
糖を作りだしエネルギーにする仕組みが活性化するという記事です。

記事の推奨は、1週間朝飯できれば昼飯も
抜けみたいな内容ですが。。。
これは自分は絶対無理。。
抜くなら夜飯です(笑)

超ウルトラやっている人で、何人かは
一日一食夜だけで、朝は排便の為に
腸を休ませる時間とか言ったり
してる人を知っていますが…

幾らエネルギー枯渇に強い身体に
なったからと言って、

筋肉がやせ細って故障しやすい
身体になれば意味がありません。

自分はまず、健康的な生活の中で
できればウルトラに強くなれば良いな~
ぐらいに思っています

少し話がそれましたが、

アミノ酸が効いたのでは?の話です

糖質が枯渇した時に消費するのは
アミノ酸と脂質です。
どうやらアミノ酸が原料で
脂質がその時のアミノ酸から糖を
生成する際のエネルギー源と言うことらしい

こちらが分かりやすかったか?


要は脂肪だけでも原料が無いと糖が生成され難い
と言うこと

身体のグリコーゲンが枯渇して

糖新生が動かしても、アミノ酸が不足して
いて、糖新生の働きが弱く
回復しなかったか?

低血糖で吐き気が起きるメカニズムは
筋肉に蓄積されているグリコーゲン
という物質を糖質に換えるため
グルカゴンというホルモンが多量に
分泌されます。
それに伴いコルチゾールの分泌量の
増加により、吐き気や動悸などが
引き起こされます。

ってことらしいですが。。。

このコルチゾンは筋肉を分解する作用も
あるらしい。
↑筋肉を分解することでアミノ酸を作るから

コルチゾンを抑えるのはグルタミンやビタミンC
が効くとのことで。。。偶然にも
71kmで補給したやつらがそれでした。

またオルニチンも糖新生を阻害する物質を分解する
作用があるとか。。

なるほど。。なるほど。。

なんて事を調べていたところで昨日本屋に立ち寄ったら
岩本能史さんの「完全攻略ウルトラマラソン練習帳」を
ちらっとみたら

グルタミン、オルニチン、ビタミン、糖質、ミネラルを
取りまくれ?

とは書いてませんが(笑)
10kmおきにかなりの量を摂取することをすすめてました
思わず購入

確かに71kmで補給した効果は10kmちょっとで
終わり、またゾンビ状態に戻ったことからも

何となく納得感がでます。。

長くなったので、今日はこの辺りで終わりますが

他にもお医者さんが自ら複数回ウルトラを走り
BCAA無の状態と有りの状態で終わった後の
血液検査から

ダメージの違いなどの記事も見つけたのでおいおい

サロマに向けてどういった作戦で行くかなども
記事なども書いておきたいと思います。

本日は娘の小学校最後の運動会だったこともあり

午前中は合間見て10kmJOG
(楽な感じでウルトラペース4:55/km辺り)

夕方は5kmJOG後10kmビルドアップ

野辺山からあまり日もたってないし
ポイント練するかしないか悩んだが

昨日も休んで、
午前の走りでも問題無さそうだったので

ゆっくりからのビルドアップ走として

3kmまでは、知り合いとおしゃべりラン

そこから5kmまではゆっくり上げて

10kmから5kmは少し頑張って上げてみたいな

あまり無理ない範囲でやった
最初の5kmはだいたい

4:40→4:20で上げていって

(周回コースで若干不正確)

最後の5km部分は位置で補正しながら計測で
ほぼあってると思うが

4:22→4:08→4:09→4:02→3:51

心拍150→178

ぐらいだった
あまり速くはないけど、
ある程度刺激入れることできて良かった

今月の総距離:474.09km


人気ブログランキングへ

« リハビリ週中です!! | トップページ | 心拍急上昇な週末 »

ビルドアップ走」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

大会結果」カテゴリの記事

コメント

飴やチョコなどを口に出来ていれば、低血糖だったかどうか分かりやすかったのかも知れませんね。
今度、飴かブドウ糖タブレットを1粒でもポケットにしのばせてみますか?
いろいろ検討して、サロマでは後半も元気に走れることを祈っています。

としさん
糖質は定期的に摂取してたんですよ〜
でも50km超えると、全般的に枯渇するので
糖新生なんかも動員できないと
走れなくなってしまうのかな?って
思いました。
ストレス耐性強い人は
走れるんでしょうけどね〜

大変興味深く読ませていただきました。
様々な要因があって、考察したり対策したりするのがまたウルトラマラソンの面白さなんじゃないかと考えています。
これを糧にして次のレース頑張ってください。

私の場合は、先日の急に暑くなった中でのロング走でめまいがして走れなくなったのは、塩熱タブと給水を十分にしていたと思ったものの脱水のスピードに追い付いてなかったようで、等張性脱水だったと解釈しています。
毎年、この時期に数回同じような症状(目まい、食欲不振、吐き気など)になります。
なってしまうと胃に水分を入れてもあまり吸収されないように感じます。
30分ぐらい横になって休むと回復するんですけどね。

とーますさん

ありがとうございます。次サロマはいろいろ対策して
できるだけやってみたいと思いますが
結構今まで考えすぎてダメだったり。。
ほんと結果に繋がらないです。。。( ノД`)シクシク…

こんな記事を読んでしまったら、手ブラで走れなくなっちゃうじゃないですか!(笑)
ジェルとかは持ちたくないので、どうしようかなって思っていたのです。
レストの袋に預けるしかないですかね…。
takakiさんは今年も10キロごとに摂取ですね?

ちんちくりんさん
あまりあてにならない記事なので
気にせず手ブラで
走ってください〜
自分はポケット満載で走ります(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506400/65336187

この記事へのトラックバック一覧です: 走れなくなった理由と復活できた理由:

« リハビリ週中です!! | トップページ | 心拍急上昇な週末 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク