« 東京マラソン(その2) | トップページ | 東京マラソン終わって »

2015年2月26日 (木)

東京マラソン詳細(その3)

---------------------------------------------
中間からゴールへ
---------------------------------------------

後半部分のタイム再掲載

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
211:27:294:114:11165
221:31:384:084:08166
241:40:008:214:10166
251:44:124:124:12166
261:48:314:194:19163ちょっとペース落ちる
271:52:434:124:12164
281:57:004:164:16165
292:01:154:144:14164
302:05:334:174:17165LAPが少し遅れた
312:09:414:084:08164
322:13:564:144:14167
332:18:144:184:18164
342:22:354:204:20163
2:25:252:49164間違えてLAP
352:26:571:324:21162
362:31:224:254:25165佃大橋だったか?
372:35:424:194:19165
382:40:014:194:19164
392:44:294:274:27165
402:48:524:224:22168
412:53:154:234:23167
42.1952:58:305:144:22165

さて中間地点を過ぎました。
マラソンはここからが勝負になります。

だめなパターンは中間地点に達したところで、
スピードを維持できなくなり失速するパターン(汗)

この前の大田原もそうだし、去年の佐倉もまさにそれ
日比谷の交差点を曲がりハーフ通過タイムを見たら
1時間28分前後だったか?

これも予定より少し速いタイムで通過を確認
ペース維持を心掛けるも

4:10を超えるタイムがほとんどになってきた。。
ピッチを意識してひたすら走りに集中

26kmのラップを押すと 4:19の文字が見えた

うーむついに落ち始めたか?

失速の文字が浮かぶが、体感的には極端に落ちてる感じはない

次を注視しよう

4:12 とりあえずサブスリーペースには戻した

何とか30kmまではできるだけサブスリーペースを
維持してたどり着きたい

浅草を通過

ペースは4:12→4:16→4:14と一進一退の攻防

力強いフォームで外人さんが前を走っているので
その人を目標にペースに集中する

脹脛の痛みはかなり増してきていたが、まだ走れる
←と言い聞かせていた

30km 2時間5分台のタイムが見えた

最悪想定よりも1分半程度の余裕だ
ここから走り続け失速や止まりさえしなければ
サブスリーが見える

しかし歩いたり止まったりすれば、その余裕なんて
一瞬で消える時間でもある。。安心はできない

ペース維持ペース維持と呪文の様に唱えながら

32km過ぎた

このあたりで最後のハニースティンガーを補給する
実はここに来るまでに17km 23km付近でスポーツ羊羹を
2つ食べている(書こうと思って忘れていた(笑))

しかし脚がかなり痛む。。。

最後まで持つのか?

佃大橋が見えたころには人目も気にせず「ハー・ハー」と
声を上げながら走り始めていた

ここでなんと5km付近でペーサーにしていた女性にぶち抜かれた

あちゃ~やっぱり後ろに付いていけばよかったかな~と
思ったが。。結果論ですし、落として単に着いていけなく
なるだけだったかもしれない

今はなんとかゴールに辿り着くのが最大の目的だ

ここでまた大久保さんから声援が飛んだ

再度ビックリである。わざわざ移動して声援をくれたのか
ありがたい話である。力になった

身体は止めたいと指令を出しているが、ピッチだけは
落とさない様になんとかこらえ続ける

もうかなりうるさいおっさんになっていた。

38km地点辺り? 今度はSUGIさん夫妻の声援が聞こえた
これも力になった

-----------------------------
このあたり自分ではかなりヘロヘロと思ったが、

後で大久保さんから脚が動いていたのでサブスリーは
行けると思ったと言われ

SUGIさん夫妻からも他の人に比べて、綺麗なフォームで
走っていたと言われた。。

脹脛痛いし、ペース落とさない様にひたすらピッチで
ごまかしていただけなんだけどね。。
-----------------------------

それにあと少しだ、いつものペース走と思って頑張ろうと
思うがペースは4:20付近が精一杯

40km 2時間48分・・・ あれ?これって想定通りのタイム

カリスマブロガーのパッキーさんは別大の未来日記で
予想したタイムと同タイムでゴールしたが
もしかして?なんて考えながら気合いを入れ直すが。。

ここでついに脹脛が悲鳴を上げて痙攣が出かかった
「どあ」とか変な声を上げて、何とか走りながら
持ちこたえる。。

ここで大塚さーんと声をかけながら凄いスピードで
抜かしていくランナー KENさんだ

KENさんは2時間40分台で走れる実力者だが
調子の悪い時は40kmまでサブスリーペースでおさえて走り、
最後の2.195kmで3分30秒/kmで走ることを
趣味(?)にしてる人だ

追おうかと思ったが、そんなスピードで追えるわけない
あっと言うまに視界から消えた
KENさんさすがです。

痙攣しかかった脚をなんとかごまかしながらゴールへ
やっとゲートが見えてきた

時間は2時間58分台

宣言した58分切りは達成ならず。。

やはりカリスマでない凡人ランナーらしく
ピッタリとはいかに様だ

それでも58分台は嬉しい

ゴーーール

ここからは東京マラソンらしい、ボランティアさんの
手厚いお迎え

サブスリーを達成できた思いをかみしめながら
着替えに向かいました。。(続くかも?)

-------------------------------------------
本日の練習
-------------------------------------------

今日は水曜練習会の日だが、さすがにまだダメージが
残っているので。。

自分はJOGで見るだけにした

集まったのは
NDさん RIKAさん IK・Mさん
SUGIさん夫妻 
NDさんは少し痛めていて、落としたペースでやるとの事
RIKAさんは先に激走したらしく
そんな中IK・Mさんだけが4分/kmペースで5kmを
しっかり走っていた。

今日の距離 8.66km

今月の総距離 292.243km

JOGNOTEの記録はこちら


人気ブログランキングへ


また来月から頑張って行きましょう♪

« 東京マラソン(その2) | トップページ | 東京マラソン終わって »

ランニング」カテゴリの記事

大会結果」カテゴリの記事

コメント

「ペースが落ちた」と言っても、最小限に留められたのが勝因ですね(^∇^)

「ラン友の声援・応援」は、本当に心強いですね(≧▽≦)
しかも、[移動してまで声援を送ってくれる]のは、本当に嬉しいですね!!

※脹ら脛、まだまだ影響が残っているのですね…
お大事にですm(__)m

 >だめなパターンは中間地点に達したところで、
 >スピードを維持できなくなり失速するパターン(汗)
これ、ぼくのいつものパターンです(^^;
それも、大失速が多いです。
ピッチを意識ですね。
今度やってみます。
ただ… 来シーズン以降ですけどね。

改めてお疲れ様でした!そしておめでとうございます。
前半バタバタせずに落ち着いてペースを維持できたことが後半の粘りにつながったのだと感じました。
30km以降は素晴らしいガッツでしたね。
もちろん普段のトレーニングにて裏打ちされた実力があってのものです。
僕も4’07〜4’10あたりを楽に感じられるトレーニングを頑張ろうと思いました!
勇気をいただきました!ありがとうございます!

痙攣しかかった足を何とか持ちこたえることが
出来るのがすばらしいですね。
何か対策でもあるのでしょうか?
私も、takakiさんくらいにペースを保って走りたい
ものです(^^;

最後の方でうるさいおっさんになるところが、自分と同じで「あるある」って思っちゃいました。
happy02
スポーツ羊羹は、山歩きのときしか食べたことないですが、マラソン中に食べて、食べにくくないですか?

ふくらはぎ痛いながらも根性でペース維持
されたのですね。
素晴らしいですね。
レースで力を出し切った満足感が有るのでは
ないでしょうか。
好記録、おめでとうございます。

monoranさん
いや~応援助かりました~
脹脛やっと痛みが取れてきました

としさん
苦しくなるとピッチ意識するのは
結構重要な対策です。でも気持ち切れちゃうと
それも難しいんですけどね。。(汗)

なみのりさん
一番重要なのは前半余裕もって
集中力切らさないことでしょうか
後半はこれだけ練習したのだから
走れるんだって思う事で持ちこたえました~

AOXPさん
最後の2kmで痙攣しかかりだったので
少しペースを抑える感じでなんとか
持ちこたえました~
完全に痙攣しちゃうと走れませんよ。。流石に(汗)

とーますさん
スポーツ羊羹は最近売り出した
押し出すタイプのやつで
まあまあ食べやすかったですよ
食べてる最中はちょっと息切れましたけど(笑)

テネシーウィスキーさん
想定の30秒以内で走れたのは良かったです。
後半はまだまだ課題があったけど
そこは次に向けてのお楽しみにしますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506400/61196056

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソン詳細(その3):

« 東京マラソン(その2) | トップページ | 東京マラソン終わって »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク