« ハセツネ(日本山岳耐久レース)を終えて(その2) | トップページ | ハセツネ(日本山岳耐久レース)を終えて(その4) »

2013年10月19日 (土)

ハセツネ(日本山岳耐久レース)を終えて(その3)

爪痛い~明日のタートル走れないっす(涙)

たまにはこんな時もあるさ~

そう言えば通過タイム書くの忘れてた

浅間峠     4:32(IN) → 4:41(OUT) 22.66km 

月夜見山駐車場 9:01(IN) → 9:16(OUT) 42.09km

※月夜見山までは殆ど関門以外の休憩なし

大ダワ     11:28(IN) → リタイヤ  49.78km? 

だいたい第一関門、第二関門、第三関門、ゴールと

14時間の人で

4:4:4:2ぐらいらしい

そのまま行けば16時間ぐらいだったか。。意味無い数値ですが。。

さて浅間峠通過して、頭痛がし始めた事は書いたね

スタート時点から感じていた軽い体調不良の影響なのか?
あ~頭痛え~と思いながら、元気いっぱいとはいかないものの
とりあえず脚は動かし続けていた
それとここからはストックを使用

浅間峠でウィグライプロ飲むの忘れた事を思い出した
後のダメージ考えると飲んでおいた方が良いなと
思い、しばらく走ってから一旦リュックを下ろし

ヘッドライトの位置を調整、ついでにハイドレを確認したら
重いの他少ない事判明。。むむこれは月夜見山までは
持たないかもと不安がよぎる。。

ヘッドランプを調整したら、だいぶん頭痛改善

どうやらヘッドランプの締め付けも影響してた様だ

しかし浅間峠から三頭山の間は走れる区間だと聞いていたが
木の根が滑るし、思った以上にアップダウンがある。

去年優勝したダコタジョーンズも言っていたが

-----------以下参照-------------------------

ハセツネのコースには3つの主要なピークがある、
と聞いていたのだが、実際のところハセツネの
コースには最低でも22は主要なピークがあった。
いや、たぶん49はあったかもしれない。とにかく、
スタートしてから7時間半の間、山をまっすぐに登っては
まっすぐに下ることの繰り返しで、最後の数マイルの
下り区間に来るまでは普通に走るリズムを刻んでいるように
見せかけるだけで精一杯だった。
日本の山は高くないのかもしれない。
コースの最高地点は1,500mちょっとだ。しかしとても急な山が続く。
。。。

---------------------------------------------
全然楽じゃないよ~

でもこの区間はできるだけ前の集団に付く
しばらく後ろに付くと、前の人が気が抜ける時が出てくるので
そこを抜かす。。を意識していた。

ある時点から長い急な斜面が出てきた

三頭山登りに入ったのだ。。時を同じくしてハイドレの水が
吸えなくなる。。あああ。。

ここから第2関門の月夜見山駐車場までは8km以上
ロードの8kmなら全然気にならないが、

この先このコースもっとも激しいアップダウンがある所を
考えると2時間近くをほとんど水無しで行くのか。。

とりあえず塩分補給は定期的に塩熱サプリで行っていたが
胸のボトルに僅かに残る水分で持たすしかない。。

リタイアの文字が頭をよぎった

一旦、水の事は忘れて進む

長い岩場の続く登り道 しかし終わりのない登りは無い

心肺的には140前後。。もはやあまり追い込めてないが

なんとか山頂に到着 下りに入る

下りは周りの人が速いので、合わせるのが精一杯

ここら辺は集団に追いつくのではなく、抜かされ初めていた。。

大きなガレ場の下りで目の前の女性が、ドシャ~と
派手に転んだ。凄い痛そうである。。。大丈夫ですと気丈に
答えていたが。。。ビックリした

自分も一度脚をとられ、スピードが止まらなくなったが
スキーの要領で何とか体勢を立て直す。。

ちょうど前の人が、少し離れていたので助かったが

もの音聞いて、前の人をびびらせた様子であった。

北海道育ちだからね、スキーの技術が役立ったか・・(汗)

鞘口峠に来た、ここからは試走した部分だ

しかしアップダウンは激しい

ここまでこれだけ脱水で走るのは、身体にダメージを与えそうで
リタイヤするか考えていた。

とりあえず山の中で止めても誰も助けてはくれないので
そのまま続ける事になる。

なんとか月夜見山駐車場到着

月夜見山駐車場で水1リットルをハイドレに入れてもらい
スポーツドリンクを胸のボトルに分割して入れてもらった。

座って大福を食べるが、喉を通らない

ウィグライプロを飲もうとすると、うぇっとなる。

とりあえず走り続けるかと思い、再スタート

ここからがまたキツイコースである。

御前山の登りは、こんなに坂続いていたのか。。と思いながら

(続く) すいませんなかなか終わりませんね。。

明日のタートルマラソンは多分走りません

だって指先に何かあたっただけでも、飛び上がる程の痛みで。。
走るどころの状態でない。。

とりあえず病院に行って化膿止めと炎症を抑える薬はもったが。。

包帯してもらったが、余計痛むので外して裸足である

これが一番楽だわさ。。。しかし今週水曜練以降まったく走れてない

どうしよう~

--------------------------------------------------



人気ブログランキングへ

« ハセツネ(日本山岳耐久レース)を終えて(その2) | トップページ | ハセツネ(日本山岳耐久レース)を終えて(その4) »

ハセツネ」カテゴリの記事

コメント

読めば読むほど『なんでそんなとこ走るの?』ってコースですね(^-^;
しかし苦しみながらも頑張っている様子はよく伝わって来ます。いよいよ終盤でしょうか?
しかし指の痛みは思ったより大変そうですね。
お大事に。としか言えませんが。

ふぅー、息をのんで読んでました。
やはり下りは凄いですね。

足の指、大丈夫ですか?
お医者さんに何と言われたのでしょうか?

普通なら2-3日分の登山コースですもんね。
大変な訳だ・・・
爪、やはり多少感染を起こしてるのですね?
お大事に!!

なみのりさん
キツイとは皆さん言ってますが
時間制限がゆるいので、あきらめなければ
走りきる人多いです。
世の中には、こんなに頑張る人多いんだと
あらためて思ったこのごろ。。

としさん
医者は。。。今剥がすと爪再生し難いので
包帯巻いて、化膿止めを飲んでおいてくださいと
言ってましたが。。

AOXPさん
そう指がおちないようにしないと
でも今日はだいぶん楽に。。。
あっさっき会いましたね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセツネ(日本山岳耐久レース)を終えて(その3):

« ハセツネ(日本山岳耐久レース)を終えて(その2) | トップページ | ハセツネ(日本山岳耐久レース)を終えて(その4) »

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30