« 神様の微妙な采配 | トップページ | 徐々に回復中 »

2013年5月 4日 (土)

腰部脊柱管狭窄症の症状

昨日、図書館で腰の病気の解説本を探していて
「NHK今日の健康」腰痛、肩こり、手足のしびれ
を読んでいて

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の違いが出ていた

中でも脊柱管狭窄症の特徴的な症状に
「間欠跛行」という症状があり、

しばらく歩くと脚が痛くなったり、しびれや脱力感が
怒って歩けなくなり、少し休むとまた歩けるように
なると言う状態のことです。

ってまったく自分の今の状態そのものでした。

問題は、それが起きた原因。。

普通は加齢による椎間板の変形で起きたり
筋力低下によることが原因らしいのですが。。

これまでのトレーニング状況を考えるかぎり
筋力低下は考えにくい。。

4月初めに行った最初の整形外科で、脊柱管が
先天的に狭いと言われたので、元々起きやすいのかも
しれませんが、

突然痛くなった事から考えて、他の要因がありそう
ここからは、医者行って確かめないとですね。

状況不明ながら、今日は少し改善を感じました。

奥さんが畑の様子を見に行ってる間に

トイレ掃除 → 家の掃除 → 外の雑草抜き

をやってみましたが、しばらく立ってる事ができました。

何か役割が逆な気もしますが。。。仕方ないっすね(汗)

脊柱管狭窄症の場合は、痛いからと言って動かないと
余計状況が悪くなると書いてある事もあり、

自転車なら痛み感じないので
軽く自転車に乗ってみようと思いました。

これまで椎間板ヘルニアだと思っていたので、
安静した方が良いと自重してたのです。

改善傾向を確認したことも考慮し

45分ぐらい 平均心拍 98(最大124)

4月26日以来の、有酸素運動になりました。

「間欠跛行」の症状はまだ消えていませんが

自転車であれば問題なさそうなので、
明日はもう少しやってみようと思います。

走れない日々が続いているので
amazonでポチっと注文

Photo

--------------------------------------------------

※体重管理の為、JOGNOTE再開


人気ブログランキングへ


« 神様の微妙な采配 | トップページ | 徐々に回復中 »

腰痛」カテゴリの記事

コメント

ほんと、良く調べてますね。
間欠跛行は私の職場の病院にも患者さんが来ます。
ただその原因は閉塞性動脈硬化症などが主です。
脊柱管狭窄症の場合は、若い人でも間欠跛行に
なることがあるようですね。
井上クリニックは日によって外来担当の医師が
変わるようですので、スポーツ整形が得意な医師
が外来の時に受診されるといいかも。

正に自分の症状と「ドンピシャ」のことが書いてありましたか(・o・)

「改善方法」や「予防方法」も分かってきましたね(^^)(^^)


そうですね(o(^∇^)o)動き回って「家中をピカピカ」にしていきましょうヾ(@゜▽゜@)ノ

aoxpさん
そうその日に行こうかと思っているところです
木曜日まで、まだ痛みが残るなら
ペイン外来も同時にやってるみたいですし。。

monoranさん
うーむまだほんと原因分からないので。。。
MRIの結果を聞いてからですからね
お部屋は綺麗になりましたよ~

いろいろな意味で勉強になります。
aoxpさんのコメも勉強になります。
お医者さんも日々勉強して精進して欲しいと思います。
一部の方はそうされてますが、すべてではないですから…。

と思いました。

としさん
ありがとうございます。
自分も腰痛と言うのは、こんなにいろいろな
原因があるのだと改めておもいましたです。
基本は自然治癒で治る事が多いというのも
人間の凄いところなんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506400/57309608

この記事へのトラックバック一覧です: 腰部脊柱管狭窄症の症状:

« 神様の微妙な采配 | トップページ | 徐々に回復中 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク