« MRI検査 | トップページ | 神様の微妙な采配 »

2013年5月 1日 (水)

椎間板ヘルニア考察

まだ椎間板ヘルニアと決定したわけではありませんが

症状から言って

・立ったり歩くと左臀部から下に激しい痛み
・左脛に軽い痺れ
・座ると痛みが取れる

椎間板が一部はみ出し座骨神経に当たっていて、
立つ姿勢の時により強く神経に当たっていると思われる。

なぜこの時期にそうなったのかは不明ですが
どうやらあまりスポーツとの相関関係は無いらしい

またヘルニアは多くの人が無自覚で発生しているのですが
痛むのは、はみ出した部分が炎症を起こしている為だとか

しかし炎症を起こすと、貪食細胞が働き縮小に向かうとも。。

なので、最近はヘルニアになってもまずはそのまま3ヶ月は
経過見ると言うのが一般的

この前、病院行った時にも

先生は、はみ出しているかもしれないが骨と骨の間は
多少詰まっているものの、きちんと空いていて
椎間板は酷く潰れていないので、そのまま様子見るだけだと
言う事を言っていた。

様子見るだけなら、慌てても仕方ないので

鎮痛剤を飲んで頑張るか。。

で今それぞれのヘルニアの型の症状を良く読むと

ヘルニアにはいろいろあるが

膨隆型(突出型)
椎間板内圧が高いと強い腰痛があります。

脱出型
ヘルニアが靱帯を破って飛び出すと強い腰痛は減少しますが、
坐骨神経痛が起こります。
坐骨神経痛は左右のどちらか片側に起こることが多いです。

と出ているな。。

思えば、4月初め風邪引いた時は、強い腰痛でしたので

風邪で椎間板の圧力が高まり膨隆型(突出型)で腰痛発生で

先週金曜日から腰痛でなくて、座骨神経痛になったという事は

それがついに突き破って出てきて

脱出型になったと言う事かも。。

脱出型は以下の文章があるので

脱出型の腰椎椎間板ヘルニアは自然に小さくなったり
消失したりすることがあることがわかってきました。
腰椎椎間板ヘルニアの脱出型ヘルニアでは髄核が飛び出した
周囲の炎症が強いため、白血球中内のマクロファージ(貧食細胞)
の働きが活発になります。マクロファージ(貧食細胞)がヘルニアを
異物として食べて吸収します。そのため脱出型ヘルニアの場合は
貧食細胞によるヘルニアの縮小・消失が期待できます。

なので1ヶ月~3、6ヶ月で自然消滅。。って長くないか・・

まあ復帰できる可能性があると思う事にしよう。

初期型で骨のゆがみを小さいから早く治ると信じたい

経過は以下の5段階みたいですね

1、急性期 歩行も困難なほどの腰痛・下肢痛が出現

2、回復前期、この時期は前かがみが比較的楽になり、基本的な日常生活はほぼ行えるよ  うになります。

3、回復後期、この時期になると日常生活動作はほとんど問題がなくなります。
  肢の症状が残っていることもあります。痛みよりもしびれを訴えることが
  多くなってきます。

4、治癒期、ほとんど痛みのない生活を送れるようになります。
  急性発症で、初回発症のヘルニアなら1ヶ月以内に、
  保存的に治療される多くの場合では、3~4ヶ月以内に治癒期を迎えられると
  言われています。

5、超回復期、スポーツ選手では、普通の人以上に負荷を強いられるため、
  日常生活では困らないがスポーツ活動では障害をきたす事はよくあります。
  このような状況にも対応できるようになれば超回復期という事になります。

とりあえず。自分の整理的な意味で記載

ランニングの記録はこちらから見てねJognote

※体重管理の為、JOGNOTE再開


人気ブログランキングへ

« MRI検査 | トップページ | 神様の微妙な采配 »

腰痛」カテゴリの記事

コメント

まあ、しばらくは安静にしていましょう。
様子見ですね。
手術が必要なほどのものでなければ、そう心配することもないと思いますよv(^^)v

としさん
そ….そうっすね
しかし脱出型のヘルニアの痛みは…
半端でないです。
速くまともに歩ける様になりたい。
今日も道端、ホームで座りこむ
変なおっさんでした〜

いつもながら研究熱心なtakakiさんですね。
その熱心さと強い意志の力があればヘルニアもきっと克服できるでしょう。
お大事になさってください。

何やら複雑な感じですね。
確かに「長期戦」になるのかもしれませんが 必ずや復活されることと信じていますよm(__)m

なみのりさん
状況が分かれば、痛みが続いても
何とか耐えられるかと思い。。
医者は頼りにならなかったので
調べるしかないです。。
素人判断も危険ですが、経過見るだけなので
希望を持つ知識は必要ですよね

monoranさん
はいじゃあレポートにまとめて提出(笑)
冗談です。
訳分からない記載で、すいません。
どちらかと言うと自分用のメモでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506400/57289664

この記事へのトラックバック一覧です: 椎間板ヘルニア考察:

« MRI検査 | トップページ | 神様の微妙な采配 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク