« 東京ベイ浦安シティマラソン詳細 | トップページ | 雪の中RUN »

2010年2月11日 (木)

胃腸の調子すぐれず

今週ずっと胃腸の調子が変です。
最近胃腸にくる風邪がはやっているらしいですから
それかもしれませんね。

昨日は仕事で遅くなったところで、さらに飲みに
付き合ったので走らず。

本日は午後、少し雨が降り始めていましたが、
走ってきました。まだ調子悪かったので、ゆっくり

6分半/kmぐらいで1時間ちょっと12km

途中 Sさんに会ったので、おしゃべりしながら
ゆっくり走ったので、体が随分軽くなった気がします。

今週末はどうしようかな?
25kmペース走 それとも2時間JOG
はたまた3時間LSD

先週のハーフで有る程度スピード力は確認できているので

何が不安かと自問してみると、4分50秒/km前後で
レースを走った場合の35km以降のスタミナ切れが
一番不安ですが。。体調の変化に目を向けて
もう少し考えてみます。

さて先日上杉鷹山に感動と書きましたが。
読み終えた本はこれ↓

名指導者「上杉鷹山に学ぶ」鈴村 進


実はこの本、冒頭の出だしで著者の現代に対する批判めいた
以下のような記述を見て、

・・・日本はこんなふうぬ変わってしまった・・・。
 誰もが自分のことだけしか考えない、甘やかされて辛抱ができない、
物事にケジメがつけられない、正しいものとそうでないものとの区別が
つかない・・・(中略)・・今、日本に経済的な停滞を・・

一瞬外れの本かと思ったのですが、

注)現在を批判することは、簡単ですが、いちがいに
そうではないと思っています。事実この上杉鷹山の時代にも
同じように、自分の事しか考えない家臣が出てきます。
昔と今の状況の違いを踏まえ、安易に批判するのではなく、
歴史の中から現代に通じる部分を抽象化することが重要かなと
思っています。

それ以降の内容は、上杉鷹山の事を分かりやすく
書いてあったので、そこは素直に良かった。

そしてこの時代にこれだけの人がいたのかと思いました。

もう少し詳しく調べてみようと思い、
内村鑑三「代表的日本人」と童門冬二「上杉鷹山」を
借りてみました。

これから読んでみるところです。

東京マラソン3時間半切り応援よろしく↓


人気ブログランキングへ

« 東京ベイ浦安シティマラソン詳細 | トップページ | 雪の中RUN »

ランニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

上杉鷹山ですか。藩の財政改革に着手して成功を収めた人ですね^^

今現在にも共通する時代背景が多々ありそうな感じがします。
共通する時代背景という視点からみると、戦国時代や明治維新より、一応戦争がなく平和な江戸時代の方が今と共通しているところが多いような感じがしてきまた。(いまさらですが・・・)
しかし、戦国の世や維新の時代からも、特に「変革」という意味で多くのことが学べそうな気もします。
要は、その時代を生きた個人個人から今と似た状況を照らし合わせた上で、噛み砕いて学んでいくと行くことでしょうか?

長文駄文失礼いたしました^^;

上杉鷹山そうです。
米沢藩主で財政改革をやった人です。
私もそこまでは知っていたのですが、
武士の為ではなく、人民の為に政治をやると
言ったのは、この時代で凄いことだと思いました。
今のビジネス書にも取り上げられるのは
そのやりかたが、今でも通じるものだからこそ。
配下の対立を命令でなく、対話を通して解消する。
常識にとらわれず新たな取り組みをする。
藩主自ら木綿の服を着て、粗食を自ら行う。トップ自ら率先して行動する。
何より人間の懐の深さを感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506400/47541453

この記事へのトラックバック一覧です: 胃腸の調子すぐれず:

« 東京ベイ浦安シティマラソン詳細 | トップページ | 雪の中RUN »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク