« 東京マラソンの案内 | トップページ | ズッコケ様子見RUN »

2010年2月18日 (木)

雪でズッコケました。。イタタ

今朝は、目覚まし鳴って・・・眠ーいので
起きませんでした。1時間後起きてみたら雪。。

しかもかなりの勢いで。。

こりゃ起きても走れなかったから、睡眠得したかも
と思いつつ通勤の時間。

ちらっと外をみたら、少し小降りになってるように見えた、
道路はまだ積もってない。(ように見えた)

だったら自転車でいっちゃえ~と思って、出たら。。。

吹雪状態じゃないですか、あっというまに雪だるま状態になり、
気持ち少し焦って駅に到着、駐輪場に入りました。

駐輪場には、鉄製の排水溝が一直線にあって、
その上でハンドル切ったら、ずるっと自転車はまっすぐ
進んで横倒し。

とっさに自転車を捨てて体制を立て直したので、
服は汚さないで済みましたが、倒れ込んだ時に、右手拳をつき、
さらに自転車が右足アキレス腱の上にあたったらしく。
打撲しておりました。。゜゜(´□`。)°゜。

どちらもたいした事ではなさそうですが、
足の打撲部分は、歩くと結構な痛みを感じます。

この時期に怪我は洒落にならんぞ、まったく。

とりあえず大事を取って、今日は走休。

Photo




まあ疲労抜きの時期に来てますから、今日休むことは
問題ないです。明日には痛みがひいてると良いですが。。。(;;;´Д`)

ここで怪我したら、これまでの頑張りが無になります。
ほんと気を付けないとね。

さて全一冊 小説 上杉鷹山 (集英社文庫) 感想です。

読んでいて、現代のビジネスに置き換えたような
表現が少し気になりましたが、なかなか面白かったです。

養子として上杉家に来て、崩壊寸前の米沢を立て直す前に
まず人民の為の政治を目指した。

当時の世で、上杉鷹山の思想は封建制度を破壊する思想
だったと思います。それ故、多くの反発者がいた。

それを独裁でなく、自分の弱さを直視して配下の者を
うまく巻き込んで、皆の心に火をつけるやり方をした。

鷹山の人に対する慈愛の深さと、真摯に学ぶその姿勢が
もたらした奇跡のように思えました。

一点だけ、腹心「竹俣当綱」の話はまだしっくりきてない
部分です。改革当初の最大の功労者だったが、そのうち
権力に堕落してしまった。

それぞれの本で、なぜかを書いておりますが。。
ここは、そうなんだろうか?少し感じた部分ですね。
腑に落ちないという感じです。

でも人はいつの時代でも権力に酔い、堕落してますからね。

上杉鷹山の事を知り、さらに自分として今置かれている事を
考えました。

あれだけ鷹山は真摯に真剣に生きたが、
自分は、真剣に取り組んでいるだろうか?

実際は、自分はまだまだです。
でも一歩一歩自分の信じた道を行きていきましょう。

応援よろしく↓

人気ブログランキングへ

« 東京マラソンの案内 | トップページ | ズッコケ様子見RUN »

ランニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

え〜マラソン大丈夫ですかぁ〜

ほしい
タッチの差で大丈夫と投稿記事を
UPしたところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506400/47604187

この記事へのトラックバック一覧です: 雪でズッコケました。。イタタ:

« 東京マラソンの案内 | トップページ | ズッコケ様子見RUN »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク