« 12月はいろいろ忙しい | トップページ | 冬の朝JOG »

2009年12月10日 (木)

「菜の花の沖」読み中でいろいろ思う

今、司馬遼太郎の「菜の花の沖」四巻目を読み中です。


歴史上戦国武将と違い、あまり知名度がない主人公ですが、
思い起こせばちらっと幕末の歴史でゴローニン事件などが
記載されていたのを思い出しました。

主人公は、その事件の解決に尽力した廻船商人の高田屋嘉兵衛
の物語です。

なんとなく一般の人が主人公というところで後回しだったのですが
これがなかなか良いです。(感想は読み終わってから後日)

しかしこの本では蝦夷地(今の北海道)が舞台の中心地ですが

思えば私の出身地。この様な江戸時代の歴史を経て
明治に多くの人が入植し、私へと繋がっていくのか~と
少し思ってしまいました。

私の出身地北見というところは、坂本竜馬の甥である
坂本直寛が北光社開拓団を編成して入植した土地です。

「竜馬が行く」を読むと分かりますが、坂本竜馬は
北海道に興味を持っていて、これからは北海道の時代だと
言っていたのを甥が意思を引き継いだ形です。

私のルーツを辿ると、その時四国から入植してきた人達の
子孫ということで、なんだか歴史を感じる話です。

私の祖母は21世紀に入って100歳過ぎて無くなりましたが
坂本直寛が高知を出発したのが明治30年(1897年)ですから
ちょうどその直後に生まれた事になり、、まさに開拓とともに
生きた人なんだと、歴史を知ってあらためて思いました。

その時代の労苦は想像を絶する大変さだったと思うと、
私が会社を辞めたことなんか、全然ちっぽけな冒険だと
思います。

ご先祖様に負けない様に、自分の夢を大きく持って
チャレンジしていきたいものですね。

今は時代の転換期 新たな価値を見つけて勝負する時代
頑張りますよ~

今日の走りは、前半6分半/km 後半5分/kmで
あまり追い込まず。軽めで終わりました。

なんだかんだ10日で 累計97km。

押してね↓

人気ブログランキングへ

« 12月はいろいろ忙しい | トップページ | 冬の朝JOG »

ビジネスチャレンジ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

司馬作品は私も好きです。この作品は初耳ですね。しかも、主人公も初耳です^^;
マイナーな人物にもスポットライトを当てますよね。司馬さんは・・・
機会があったら是非読んでみたいと思います。

私が読んだ司馬作品はこの時代あたりだと「歳月」と「花神」でしょうか。

「歳月」、「花神」も良かったですね~
人物的に興味がそそられるのは
大村益次郎の方ですかね
どちらも今の世の中で付き合ったら
気難しそうな人達ですが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506400/46988936

この記事へのトラックバック一覧です: 「菜の花の沖」読み中でいろいろ思う:

« 12月はいろいろ忙しい | トップページ | 冬の朝JOG »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク