« 体調悪いのでゆっくり | トップページ | 日経SYSTEMS9月号 »

2008年8月26日 (火)

TrainingCenterとSportTracks

GarminForerunner305を購入してから
日々データを確認しているが、Garmin付属の
TrainingCenter(トレーニングセンター)と
SportTracks(スポーツトラック)
それぞれにデータを取り込んでの使用感を報告

※未だ使い始めです

TrainingCenter

特徴

 利点

  ・データ一覧が、必要な項目が横並びしているので見やすい
  ・接続すると自動でデータが取り込まれる

 欠点

  ・エクスポートでデータをCSV形式で出力できないか探したが
   このソフトで扱うデータ形式しかサポートしていないよう
   (ブログに掲載するのにデータを手打ちする必要がある)
  ・日本語パッチが非公式という点
  ・グーグルアースを呼び出すと、最初はサーバーエラーになり
   2度目で表示。(これはこちらの環境の問題か?)
   実際走ったところを見るのは、グーグルアースの実際の画像
   だと荒いところもあるのでグーグルマップの方が妥当かも。

 初期トラブル

  TrainingCenterには、USBポートを監視して
  Garminを接続すると自動でデータを取り込む機能が
  付属しているが、(右下のタスクバーに”G”という丸印
  が表示されている)昔使っていたUSBタイプの通信機器
  Air-H”401の接続ユーティリティとバッティング発生

  インストール後、再起動すると双方のアプリがエラーになり、
  その後なぜかマシンの反応が非常に遅い。
  タスクマネジャーで確認するとDELL付属のSupportCenter
  が暴走しCPU100%のままとなっている。
  ひとまず問題のタスクを強制終了し、とりあえずは現在使用
  していないAir-H”401の接続ユーティリティソフトを
  アンインストールする。
  再起動後はとりあえず問題解消。

  同じ資源を掴みあって、起動時にエラーになったのか?

  まあ使いもしないユーティリティをそのままにしておくのも
  問題でしたね

SportTracks 

特徴

 利点
  ・最初から日本語化されている
  ・操作性、機能が豊富
  ・走ったコースをソフト内でグーグルマップの地図と
   衛星写真に連携して表示できる
  ・データを表形式にして画像として出力できる

      (最近この機能を知った)

 欠点
  ・データが編集されてしまうので単純に一覧としてみれない
   (未だ分からないだけか?)
  ・データ取り込みは機器を選んで、毎回インポートを手動で行う
   (特に面倒ではないですけど)

現時点では、やはりSportTracksに軍配があがるか?

参考URL

 TrainingCenter

 SportTracks

以下SportTracksの画像とで出力したグラフイメージ例

Sporttracks

20080823



ブログランキングに参加しました
良ければ↓アイコンをクリックしてください

人気ブログランキングへ

« 体調悪いのでゆっくり | トップページ | 日経SYSTEMS9月号 »

ランニング・グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506400/42280693

この記事へのトラックバック一覧です: TrainingCenterとSportTracks:

« 体調悪いのでゆっくり | トップページ | 日経SYSTEMS9月号 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク