トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

ランニング・キャップ

昨日走る時に、夏の日中を走るにはやはり

帽子が必要と感じ、スポーツショップに行きました。

頭が大きいので、サイズが合わない事が多いんですが
この帽子、ストレッチフィットと言うだけあって
被り心地が良いので購入しました。

頭が大きい人にお勧めです。

スプリングトレーナーストレッチフィットキャップ AC010 MDN
Photo X006700h_l

2008年8月30日 (土)

20kmのはずが10kmしか走れず・・・

今日はLSDで20km以上走ろうと思ってたが、
(息がきれないスピードで長く
(先日のLSDは必要か? を参照))
結局ゆっくりで10kmしか走れなかった。

そもそも2日程走ってなかったので、体力が余ってた
そこに奥さんが夜出かけるので、代わりに子守をして
一緒に早めに布団の上でウトウトしてたら、
変な時間に目が冴えて全然眠れなくなった。

なんとか寝れたのが3時過ぎ・・・・
土曜日は家族のジャマを避けるには早朝に走るという
思惑は、この影響で寝坊してしまい、失敗である。
(休日は食事を作る担当なので、皆が起きる時間になって
走ってたりすると何を言われるか分かったもんでない)

じゃあ朝ご飯の腹ごなしが出来た、10時頃出ようとしたら、
奥さんから”ついでに昼のご飯買ってきて”の依頼が・・・
いつも走るスポーツセンターの横に、小僧寿しがあって
今日は土曜日だから安いんだとか。
しかも子供が風邪気味で熱があるので、外に出れないとか
仕方が無いので、受諾する。

でもまあそれでも2時間近くあるから、20kmぐらい
走れるだろと思い。タオルとスポーツドリンクそして
お金と携帯電話、Garminを身につけて、自転車で
現地に向かう。
(携帯は奥さんと買い物の確認とかあるかと思い持った
 が、これも後で失敗のタネだった)
いつもならウォームアップがてらジョグしながら向かう
のだが、帰り小僧寿し持って走れないから必然的に
自転車になる

なんだかんだで現地到着が10時半近く

ちょっと時間が足りないかと思いつつも走りだす。
7/km前後で走る。最初心拍数は140以下だったが
蒸し暑く、日差しが強かったので負担が高いのか
ペースを上げていないが、徐々に心拍数が上がってゆく
5kmを超えたあたりで、150近く
ただし呼吸がまったく苦しくなく、負荷が高いという
感じではないので、そのまま7/kmを維持する
最後ペースを上げるまでは150前後を推移

そして1時間を越えるごろから、雲の様子が悪くなり
ついにポツリポツリと雨が降り始めた

ここで防水の効かない携帯を持っていることと、
小僧寿しを持って帰らなければいけないことを意識した

土砂降りになれば、携帯は壊れるし、小僧寿しも
濡れる・・・本格的に降る前に帰る方が良いかも

携帯メールで、奥さんに”未だ目標の半分しか走って
ないけど雨が降りそうだ”とメールしたら、

”早く昼ご飯買って帰れ”と指令が来る・・・

うーん 10km過ぎたところで中断です。

まあ小僧寿しを購入して、家に着いたところで
土砂降りの雷雨になったので、結果判断は間違って
なかったんですが・・・ちょっと残念でございます。

まあ今日は寝不足もあるので、ここらへんにせよと言う
天のお告げでありましょうか

明日は走れるかな~

今日のデータはこれ↓
Garmin Forerunnrer305 &SportTracks
20080830

 
 
 
 
走っている最中に撮影

Image019

2008年8月29日 (金)

十勝千年の森

先日帰省した際に、ドライブで訪れた十勝千年の森について

調べてみると、十勝毎日新聞社 (毎日新聞とは資本関係はない)が
保有し、「カーボンオフセット」で環境貢献する目的で
十勝千年の森 /ランラン・ファーム」を運営しているようです。

訪れた日は気温こそ低かったものの、爽やかに晴れて
なかなか良い雰囲気でした。
ただかなり広大な敷地なので、時間もないこともあり
全部を見ることはできませんでしたが
今後の取り組みが楽しみですね

また地方に根ざした企業が、この様な取り組みをしている
ことに感心させられました。

※十勝毎日新聞は、夕刊のみ発行でありながら、地域に根ざした
 内容で、十勝地方では断然シェア一番の新聞だそうです。

地方に元気が無い時代ですが、政治家や官僚等のお役人が
考える箱物施設ではなく、真に魅力や意味のあるこの様な
取り組みが増えれば良いなと感じます。

以下携帯で取った写真

Image014_2 Image015

走らず

朝RUNをしようと思って早めに寝たが、4時頃から既に
激しい雨の音と雷の音・・・うーんここはパスしました

別に雨の中を走っても良いのですが、
出社前の時間にと思うとちょっと躊躇しますね

今晩奥さんがお出かけなので、
子供を放り出して走るわけにも行かないので
明日ですね明日

2008年8月28日 (木)

LSD(Long Slow Distance)は必要か?

先日、トレーニング方法について調べて、
長距離走を行って、脚力アップを計るのが必要と
思い週1度くらい長距離走を取り入れると
書き込みました。

とりあえず先週は実家帰省時に15kmを走ったのが
それになります。

が、もう少し突っ込んで調べてみました。

長距離はLSDで走るべきなのかどうか?

と言うのも、LSDの推奨心拍数は

最大心拍数(220-43)の40%~60%
という事は70~106です。

これまでの経験で言うとかなりゆっくり走っても
心拍数はすぐ120以上になります。

心拍数を120以下に保つには、一体どんだけ遅く
走れば良いんだという感じがしたからです。

でとりあえず色々調べた結果、”ゆっくり長く”は
必須だけど、あまり神経質に心拍数を120以下に
抑えるとかは不要なのではという判断をしました。

ここで言う”ゆっくり”とは息がきれない状態を
指します。
これまでの感覚だと心拍数130~140以下
ぐらいでしょうか?

あくまでも今の判断です、今後のトレーニングの
体の状態とデータ等を判断しながら走りたいと
思います。

まあ今週末は20km以上で、最初かなりゆっくりで
スタートして心拍数の変化を見てみようかと思ってます

自分の体をデータで見るってなかなか面白いです

理論の説明が分かりやすかったサイト
ここ

こちらはJOGNOTEの講座

おっとこの記事投降後に気がつきましたが
JOGNOTEの楽しく走ってステップアップ講座の
最新記事が”LSDから始めよう”でした

鍋倉先生の定義では

> 走るペース、時間に定型はありません。
> 走る人の能力に応じてペースを決めればよいのです。
> ゆっくり長く走ることができ、考え事などを頭で整理したり、
> 同行者とお喋りを楽しめたりするペースが基本です。

結局、数値にこだわらず、息がきれず、楽で気持ちよい速度
であればLSDだと言うことですかね。

その意味ではLSD必要ですね

※(後記 検索でこのページを訪れる方へ 

 その後故障からの復帰で超スローJOGやLSDの考えを見直してます)

近況の状況を参照ください↓

スローJOG(LSD)の効用見直し
歩きも入れて2時間・・

スローJOGの効用仮説など

連続11日走の理由

フォーカス・リーディング

本文の構成として

・はなりがちな”読書のワナ”
・読書に何を求めるかをはっきりさせる
・速読は体育会系のノリで身につける
・「体」を極める
・「技」を極める
・「心」を極める
・フォーカスの力を最大限引き出す読書術

となっていて
本を読む目的を明確にする
右脳や潜在意識等の見えないまたは認識できない能力を言う
のではなく、具体的なトレーニング方法を記述していて
良いものだと思います

特に、読書に何を求めるのかを考えることで
どの様な読書方法を取るべきかを変えるべきというのは
納得できる話ですね

現在、読んでいる司馬遼太郎の「坂の上の雲」は知識
ではなく、純粋に内容を楽しみたいので、速読をする
気はありませんが、逆に私が身をおいているIT系の
仕事を行うには、常に新しい知識や情報を習得する
必要がありますのでそれには有効な手段になりそうです。

たまたま今読んでいる「坂の上の雲」の主人公の
一人「秋山 真之」は、速読で要点をまとめる力が
抜群に強かった事で、その能力が日露戦争を勝利に
導いた一因という事が出ていて、自分の中でこの
繋がりが面白いと感じます。

記述の通り、体育会的なトレーニングを積まないと
駄目なので、未だトレーニング開始したところで
効果があまり出ていないのですが、
今後成果が出たら別途ご報告します。

2008年8月27日 (水)

快晴

久しぶりの快晴の中、早朝ラン実施しました。
奥さんから、昨日水泳に行って次の朝マラソン?と
怪訝な顔されましたけど、気持ちよい朝だったので
よかったです。
それに今月150km走るという目標が、だんだん微妙な
状況になってきたので、ちょっと頑張らないといけません。

今朝のデータはこんな感じ↓
by Garmin Forerunner 305 & SportTracks

20080827

2008年8月26日 (火)

恐るべし東京体育館50mプール

最近千駄ヶ谷にある東京体育館がリニューアルして
仕事帰りにも利用しやすくなった事を知り
本日泳いできました。

情報はこちら

10年以上前に訪れた時と変わっていて、全て
コース分けされており、端から遅い、中ぐらい、速いと
速さで分けており、50mの途中で休みは不可
かつ反対側の水深は180cmぐらいあり
つま先立ちでも、顔が沈むので
結局100m連続で泳ぐことを求められます。

昔はコース分けされてなかったので、
プールサイドにつかまったりできたんだけどね・・

100mを一気に泳ぐのは随分久しぶりなので
慣れるまで、結構つらいものがありました

周囲の人は殆ど休まず泳いでいたな

恐るべし東京体育館50mプールです

本日は最初なので泳ぐスピードはある程度出せるものの、
コース途中でバテて追い立てられることを恐れ遅いコース
で泳いでました。でも、ちょっと人多かったかな?

まあ本格的に泳ぐ人には、中途半端な人がいなくて
良いのではないでしょうか?スポーツクラブに入る程は
行かないがたまにはスポーツをという人にもお勧めでしょう

お風呂も新しくて、まあまあキレイです
シャンプーや石鹸はないので、必要であれば
自分で持ってくる必要があります

日経SYSTEMS9月号

マインドマップ活用術という特集がありました

マインドマップがITエンジニアの間で
「プロジェクト・マネジメント」
「分析/設計」
「テスト」
「運用/保守」
を中心に利用されているのを、
利用事例をもとに紹介していました。

記事にも書かれておりましたが
組織的に推進されてというよりは
自ら使ってみて良さを実感した人の
中で広がっているというところが
凄いですね

TrainingCenterとSportTracks

GarminForerunner305を購入してから
日々データを確認しているが、Garmin付属の
TrainingCenter(トレーニングセンター)と
SportTracks(スポーツトラック)
それぞれにデータを取り込んでの使用感を報告

※未だ使い始めです

TrainingCenter

特徴

 利点

  ・データ一覧が、必要な項目が横並びしているので見やすい
  ・接続すると自動でデータが取り込まれる

 欠点

  ・エクスポートでデータをCSV形式で出力できないか探したが
   このソフトで扱うデータ形式しかサポートしていないよう
   (ブログに掲載するのにデータを手打ちする必要がある)
  ・日本語パッチが非公式という点
  ・グーグルアースを呼び出すと、最初はサーバーエラーになり
   2度目で表示。(これはこちらの環境の問題か?)
   実際走ったところを見るのは、グーグルアースの実際の画像
   だと荒いところもあるのでグーグルマップの方が妥当かも。

 初期トラブル

  TrainingCenterには、USBポートを監視して
  Garminを接続すると自動でデータを取り込む機能が
  付属しているが、(右下のタスクバーに”G”という丸印
  が表示されている)昔使っていたUSBタイプの通信機器
  Air-H”401の接続ユーティリティとバッティング発生

  インストール後、再起動すると双方のアプリがエラーになり、
  その後なぜかマシンの反応が非常に遅い。
  タスクマネジャーで確認するとDELL付属のSupportCenter
  が暴走しCPU100%のままとなっている。
  ひとまず問題のタスクを強制終了し、とりあえずは現在使用
  していないAir-H”401の接続ユーティリティソフトを
  アンインストールする。
  再起動後はとりあえず問題解消。

  同じ資源を掴みあって、起動時にエラーになったのか?

  まあ使いもしないユーティリティをそのままにしておくのも
  問題でしたね

SportTracks 

特徴

 利点
  ・最初から日本語化されている
  ・操作性、機能が豊富
  ・走ったコースをソフト内でグーグルマップの地図と
   衛星写真に連携して表示できる
  ・データを表形式にして画像として出力できる

      (最近この機能を知った)

 欠点
  ・データが編集されてしまうので単純に一覧としてみれない
   (未だ分からないだけか?)
  ・データ取り込みは機器を選んで、毎回インポートを手動で行う
   (特に面倒ではないですけど)

現時点では、やはりSportTracksに軍配があがるか?

参考URL

 TrainingCenter

 SportTracks

以下SportTracksの画像とで出力したグラフイメージ例

Sporttracks

20080823



ブログランキングに参加しました
良ければ↓アイコンをクリックしてください

人気ブログランキングへ

2008年8月25日 (月)

体調悪いのでゆっくり

日曜日の午後に旅行から帰って、夕食前に
走ろうかと思ったが、疲れたのか体がダルイ
結局、早めに寝て次の日の朝に走ることに

で朝ですが、やっぱりあまり体調が今ひとつ
良くないので、ゆっくり走りました。

今日の発見

ゆっくり走ると体調を整える効用があるようです
何だか体も軽くなったような気が・・

8月25日の記録(8.15km)
No. ペース 平均心拍数 備考
全体 6.02/km 139bpm  
ラップ1 6.12/km 118bpm ウォームアップ
ラップ2 5.51/km 133bpm  
ラップ3 5.56/km 140bpm  
ラップ4 6.01/km 142bpm  
ラップ5 6.01/km 144bpm  
ラップ6 5.51/km 147bpm  
ラップ7 6.02/km 148bpm  
ラップ8 6.22/km 142bpm クールダウン
by Garmin Forerunner 305

北海道に帰省 ついでに15kmラン

Image014










夏休み家族を連れて、北海道に帰省していました。

※写真は故郷じゃなくて、ドライブで訪れた”十勝千年の森”の画像です

高校まで住んでいた、その街は人口約12万(近隣の市町村と
合併したので、昔より数は増えている)道東の中では一番
大きな市です。

今回帰ってみると、近所の家が何件か空き家になって
おりました。街の中心から徒歩15分ぐらい便利で閑静
な住宅地ですが、昔遊んだ公園で遊ぶ子供も少なく
地方の衰退を感じさせました。

道路だけは、毎年立派なものが次々出来ているのですが
どう見ても、それが街を発展させてる様には見えませんね

ついでに故郷の街をマラソンしてきました。

距離15km 子供のころ自転車でよく走った河川敷沿いの
サイクリングコースが中心です。気温も16度くらいと走るにはちょうど
良かったです。

盆地なので、山と川があり、起伏の激しいコースも選べるし
平坦なコースも選べマラソンには良い街だな~と
あらためて思ったりしました。

でも冬は、道路がカチンカチンに凍るので、反射神経を鍛える
には良いですが、年を取った人には厳しいですね。

今回15kmといつもより距離を延ばしてみたけれど

涼しい気候なこともあってか、心拍数150前後で安定していた
ハーフでこのペースであれば行けると思うが・・・

フルはまだまだトレーニングが必要そうであります。

以下その時の記録です

8月23日の記録(15.01km)
No. ペース 平均速度 平均心拍数 備考
全体 5.29/km 10.94km/h 150bpm  
ラップ1 5.35/km 10.75km/h 126bpm 下り
ラップ2 5.37/km 10.68km/h 140bpm
ラップ3 5.36/km 10.71km/h 149bpm  
ラップ4 5.18/km 11.32km/h 150bpm  
ラップ5 5.38/km 10.65km/h 137bpm  
ラップ6 5.25/km 11.08km/h 152bpm  
ラップ7 5.22/km 11.18km/h 157bpm  
ラップ8 5.21/km 11.21km/h 158bpm  
ラップ9 5.39/km 10.62km/h 158bpm  
ラップ10 5.29/km 10.94km/h 155bpm  
ラップ11 5.23/km 11.15km/h 154bpm  
ラップ12 5.18/km 11.32km/h 154bpm  
ラップ13 5.19/km 11.29km/h 155bpm  
ラップ14 5.29/km 10.94km/h 154bpm  
ラップ15 5.44/km 10.47km/h 158bpm 上り

2008年8月20日 (水)

IE7上での表示不具合

マラソンの記録を見やすく表形式にしようと
HTMLの編集よりテーブルタグを使ったら、
ココログ編集ツールの半角スペースを
自動変換する機能の為に
IE7の環境では、非常に見難い状態である事が
判明しました。
余分なスペースと変換文字を消したので
現在は解消しています。

体組成計の値って

前から感じてたが、現在使用している体組成計の

体重以外の値って、あまり正しくない気がします。

体重、体脂肪率、基礎代謝、筋肉量、筋肉量スコア、
推定骨量、内臓脂肪レベルが表示されます。

体脂肪率は、元旦から今まで、マラソン終了後に必ず計測
してますが、いつも-15~+15ぐらい値がバラツキます。

基本的に朝の方が高め、夕食前の風呂上りが
いちばん低く出る傾向にあるようです。

表示の中で一番腹立たしいのは内臓脂肪レベル
体重は元旦から4kgぐらい減っているのに
いつまでも”10 やや過剰” から抜けだせない
いつになったら標準になるんだか・・・

購入から既に2~3年経過しているけど
最近のは、もっと正確になったのだろうか?

あ~早く内臓脂肪レベルが標準になりたい

TANITA インナースキャン 体組成計 ダークブルーBC-522-DB

516ycb3ggvl_sl500_aa280_

8月20日朝ラン

朝ラン報告です。

天候 晴れ 気温 25度ぐらい 気持ちの良い朝

走れる時間が1時間ぐらいだったので
10kmが限界と思い、ペース走じゃなくて、徐々にペースを
上げてみました。
感覚的には連続走最高速度の8割ぐらいのスピードのつもり
だったんですが、

最高心拍数 178bpmを記録

一般的な最大心拍数の計算値でいくと 220 - 43 =  177
既に超えてます!! が、ここが最大値とは思えないな、
多分、自分の場合もう少し上限が高いと思われます。

最大心拍数は個人差があるので、正確には計測が必要
みたいですが、一人で計測しても、これまた不正確な
値しか分からないでしょうから、しばらくは自分の体の
感覚と値を比較して状況を見て判断したいと思います。

前回と同じ道、周回を重ねて
Gamin Forerunner305の距離は10.01km(前回10.05km)
実はそのまま家に飛び込むと10km以下になりそうだったので
ちょっと大回りしてストップしてます

(あまり意味ない行為ですけど)

トラックのコースの取り方によって距離が変わると
思うので、この誤差ならまあ優秀と思います。

8月20日の記録
No. ペース 平均速度 平均心拍数 備考
全体 5.38/km 10.7km/h 152bpm  
ラップ1 6.43/km 8.9km/h 122bpm ウォームアップ
ラップ2 5.48/km 10.3km/h 137bpm トラック走開始
ラップ3 5.29/km 10.9km/h 146bpm  
ラップ4 5.30/km 10.9km/h 152bpm  
ラップ5 5.18/km 11.3km/h 157bpm  
ラップ6 5.20/km 11.3km/h 160bpm  
ラップ7 5.11/km 11.6km/h 165bpm  
ラップ8 4.59/km 12.0km/h 171bpm  
ラップ9 5.37/km 10.7km/h 171bpm クールダウン含む
ラップ10 6.25/km 9.4km/h 153bpm クールダウン

2008年8月19日 (火)

トレーニング方法

調べてみると、スピードはさほど上がっていないのに
心拍数があがるのは、普通のことらしい。

走り続けると体温が上がる、疲れて姿勢が悪くなる、
などの要因により、走行スピード以外の要素により
心臓への負荷が増加する為に30分も過ぎて
同じスピードなら普通の場合、心拍数は上がります
と出ていた。

でも脚力が付いた人は、殆ど心拍数は一定であるようで、
LSDで、ゆっくり長い距離を走ったり、
起伏のあるコースを走るなどの脚力アップが
課題の様ですね。

参考にしたのはここ 楽しいジョギングがっこうhpバナー

とりあえず、今度から週1回程度、15km以上に距離を
伸ばすことからやってみようかな

役にたっているかどうか不明ですが、通勤時できるだけ
階段を使うというのは、1年半前から富士登山準備の為に
始めたのをきっかに実施中です。

夏は会社に着くと汗だくになるので
GATSBY FACAL PAPER
<ICE-TYPE>が手放せません。

2008年8月18日 (月)

早朝ラン

月曜日 早朝、走りました。
GarminForerunner305の使用2回目です。
今日は前回の反省を生かして表示を、
タイム、距離、心拍数、ラップにし
オートラップを1km、アラームも1km設定です。

衛星が捕捉されるまで、家の前で準備体操をして、
自宅からスポーツセンターの約1.2kmはウォームアップ 
後は心拍数を見ながら、ちょっと速めのペースで走る。

最初心拍数140台だったのが、後半160ぐらに
スピードはあまり上がっていないので
トラックに入った最初のペースからして
少しオーバースピードという事かな?

今度は、もう少し徐々にペースアップをして
どうなるか確認してみます

以下本日の記録です

8月18日の記録
No. ペース 平均速度 平均心拍数 備考
全体 5.34/km 10.8km/h 149bpm  
ラップ1 6.17/km 9.5km/h 120bpm ウォームアップ
ラップ2 5.27/km 11.0km/h 141bpm トラック走開始
ラップ3 5.27/km 11.0km/h 148bpm  
ラップ4 5.22/km 11.2km/h 152bpm  
ラップ5 5.23/km 11.1km/h 154bpm  
ラップ6 5.16/km 11.4km/h 157bpm  
ラップ7 5.20/km 11.2km/h 157bpm  
ラップ8 5.18/km 11.3km/h 160bpm  
ラップ9 5.31/km 10.9km/h 161bpm ちょっとバテる
ラップ10 6.15/km 9.6km/h 146bpm クールダウン

そうそう GarminForerunner305 
今のところ大満足、距離もほぼ正確だし
これだけの計測も簡単にできるし
値段も英語版のForerunner305なら3万ちょっとなので
まあ、マラソンは他にお金のかかるものもないし
良いと思います。

まあ普段の時計としては、ちょっと使えないけどね
(電池も持たないだろうし)

2008年8月17日 (日)

久しぶりに水泳

日曜日 久しぶりに家族と夢の島プールに行ってきました
(といっても中学3年の長男は、一人が良いと出かけたので
 奥さんと3歳の娘が一緒です)

普段、子連れだと子供の相手せねばならず
自由に泳げないんですが、奥さん50mぐらい
泳いだら疲れたと言うので、子供の世話を
押し付けて、本当久しぶりに500m、700m
と泳ぎました。

水泳は、水に入ったときの静かな感覚が
好きなので、できるだけスムーズに波を
立てないようにクロール、平泳ぎと交互に
実施。いやー良かった

また泳ぎに行こうっと

気温が22度ぐらいだったので、午後は
気持ちよくマラソンできると思ってたら
帰り買い物など寄り道しているうちに
また土砂降りの雨・・・

まあ水泳もしたし、今日は休んで
明日の朝走るかという事で
朝4時40分に目覚ましをセットして早めに就寝
(次に続く)

十一番目の志士

図書館で「坂の上の雲」を借りようと思ったら
最初の一巻が無かったので、予定を変更して
十一番目の志士 」の上下巻を借りて読んだ。

司馬遼太郎の小説の中では、珍しく架空の人
「天堂晋助」を主人公にしたものであるが、
脇役で出てくる人物が幕末の錚々たるメンバーで
高杉晋作、桂小五郎、坂本竜馬、西郷吉之助(隆盛)、
近藤勇、土方歳三、赤根武人・・・

話は長州出身の低い身分ながら宮本武蔵を流祖とする
二天一流の腕を持つ主人公が、高杉晋作に見込まれ、
刺客として活躍する中で、幕末の様々な人と
関わっていく物語です。

幕末の数々の事件を経て、奇跡的に遂げた明治維新ですが、
作者はその背景にこのような人物の活躍があったとすると
面白い物語になると考えてこの作品を書いたのだろうか?

まあとりあえず歴史事実がどうのとかを考えずに
痛快なこの物語を読んで、楽しめば良いのかなと
感じました。

個人的にも、楽しく読めました

2008年8月16日 (土)

GARMINデビューそして雷雨

GARMIN Forerunner305初使用報告です

本当は金曜日に初使用を行う予定だったが
会社の同僚と飲みに行ってしまい、しかも
3人でボトル2本空けるということで・・・
飲みすぎです。本日の朝も当然走れず

夕食前の時間を狙うが、雷雨になってしまったので
延期、その後夕食を早めに食べて、
外の様子を伺うと、雨も止んでいる様子なので
チャンスと思いGARMIN装着して外に飛び出す
が遠くの空が光ってる・・・

まあ大丈夫だろうと思って走り始めて、いつもの
スポーツセンターに向かう
到着して15分ぐらい走ったところで雨が降り出し
雷も激しく鳴り始めた。
スポーツセンターのトラックはコースの周りに木があり
周りにも高い構造物があるので、雷直撃の可能性が
低いと判断して、そのまま続行
40分ぐらい走ったところで、バケツをひっくり返した
様な雨と、雷がどかどか落ち始めたので、さすがに
危険と思い切り上げた。

いきなりForerunner305の防水性能を試すことになったが、
いちおう問題なかった様だ。

(日常生活防水:IPSX7)
IPSX7:水深1mの水中に30分間没しても、有害な影響
を生じる量の水が内部に浸入しないもの。
つまり水没でも大丈夫

今回は走っている時の表示が思っていた項目が表示
されてなくて、状況が分からないまま走る。
まあ後でデータを分析できるからと思いつつ、
今日に限って言えば、タイムリーに速度や心拍数を
確認しながらという事はまったくできていない。

とりあえず走る際の重さ、大きさ等は問題なかった。
ハートレートモニター用の機器は、ゴムを少し
ゆるくし過ぎて、ずり落ちそうな感じだったが
最後まで問題なかった。
細かな評価は今後してゆきます

P1010853_3

帰宅後、SportTracks とトレーニングセンターの両方に
データを取込んでみる。

SportTracksはソフトの操作性等洗練された感じではあるが
心拍数の推移、状況を表示するところが分からず
(平均心拍数は出てたので、データは取れていると思ったが・・)

そこでTraining Centerにも取込んでみると
こちらは、一番見たい、速度と心拍数の推移が簡単に見られた

ソフトの洗練度は断然SportTracksなのだが、今ほしい表示が
すぐできたのは、Training Centerだった。ちょっと複雑だ。

まだグーグルアースやマップへの連携方法は調べていないので
そこはおいおい確認しよう。

総距離           8.41km
総時間           48:06.17
総ペース          5.43/km
平均速度        10.5km/h
最高速度        14.6km/h
総カロリー   618cal
平均心拍数    155bpm
最大心拍数     169bpm

2008年8月15日 (金)

マインドマップについて

マインドマップについて

トニーブザンの
「ザ・マインドマップ」
「頭がよくなる本」
ASCII
「マインドマップが本当に使いこなせる本」


をここのところ続けて読んでいて、実際にマインドマップを
書いてみたりしている。

マインドマップの存在は、2~3年前に今の現状をまとめて
みましたと、人に見せられた事があってその存在だけは
知っていた。

その時、その図を見たときは、自分の考えを整理するには
向いているかもしれないが、いきなりキーワードだけ
見せられても何のことだが、さっぱり理解できんな~
というのが感想でした。

(その時はフリーマインドで作成したのをメールで
 送ってきて、説明なしで見たので余計理解できなかった
 かと思いますが・・・)

まあ自分の考えを整理するには使えるかもな
という感じは残っていて、本屋に行った際に、
あっこんな本が出てるのかとか思ったりしたりしながら
そのまま月日が立っておりました。

再び取り組むきっかけになったのは
身近にセミナーに参加しますという子が
現れたので、ちょっと本を借りて読んでみたりし、
さらについでだから内容をキチント把握してみるかと
思い、関連サイトや本を読み始めたというのが経緯です。

でどうなのかと言うと・・・・・・

未だよく分からないというのが正直な気持ちでございます。

大枠の理論は理解できる。自分は過去学生のころ
ずっと成績は中ぐらい高校、大学も中ぐらいだったですが、
(人によって色々判断基準はあるでしょうが)

あまり勉強しなくても、いつも成績が良い人を見ていると
頭の使い方が、何か違うというか、この様な理論に近い
方法を自然と実践したりしてるんですよね。

だからこのような実践方法をやれば、凡人もできるように
なると言うのでしょうが・・・

そんなに旨くいかないんですよね~これが。

例えば自分というイメージでマインドマップを書いて
みたのですが・・途中で眠くなっちゃいまして
出来たものもなんだがさっぱりで楽しくない

楽しくやるのがコツと書いてあるが・・・

自分が何者であるかという重いテーマに引っかかり
(40歳過ぎて、未だ分かってない)
頓挫ということなのかな

最近入れ込んでいるマラソンをセントラルイメージにして
書いてみると、ある程度気楽にかけたが
出てくるキーワードが新鮮なものが無い・・・

きっと何か重要なことが抜け落ちている気がするが
それが何だか分からないという感じです。

でもここで諦めるのも悔しいので、

もうちょっと試行錯誤してみようかと

もっか
子供と絵を勉強してみるとか(セントラルイメージを充実させる)
速読を別の観点で勉強してみるとか

思案中でございます。

GARMIN届く

Garmin Forerunner305が届いた

注文時の自動返信に発送時は別途案内を出すと
書いてあったが、その後何の音沙汰もなかったので
品切れで発送できないのかと思い
確認のメールを出したら、返事がこないうちに
奥さんからいきなり届いたとの連絡

それと入れ違いに店から本日届く予定です・・
とのメールが来ていた。

代引き注文なので、お金を用意しておくこともあるし
事前に連絡が来ないのはどうかと思ったが、
まあ物が届いたのでよしとしよう。

P1010852_3

英語のメニューは日本語の説明があれば
あまり問題が無かった ここを参照

その後試しに外に出て衛星の捕捉を行ったが、
思いのほか時間がかかった3~5分くらいか?

本日は本体とパソコンのセットアップで終わってしまったので
実際の試しは明日以降のお楽しみというところで・・

2008年8月14日 (木)

ナイトラン

昨晩10時頃からナイトラン実施
蒸し暑かったので、できるだけ同じペースでゆっくり走る
汗が凄いので、途中2度水を軽く飲む
(痛風歴17年なので、水分補給は気になるんです)

    自宅~スポーツセンター:8:24.64(ウォームアップ)(1180m)
     1週目:2:53.57(約480mトラック)
     2週目:2:53.18
     3週目:2:51.18
     4週目:2:51.78
     5週目:2:47.37
     6週目:2:44.69
     7週目:2:45.65
     8週目:2:45.58
     9週目:2:47.57
    10週目:2:46.61
    11週目:2:47.79
    12週目:2:46.24
    13週目:2:45.44
    14週目:2:46.50
    15週目:2:46.23
    16週目:2:42.44
    17週目:2:34.62
    18週目:2:34.71
    19週目:2:54.13(クールダウン)
    スポーツセンター~自宅:クールダウン

うーんこのペースだとフルマラソンで
4時間以内は厳しいな~
もうちょっと頑張らないと

2008年8月13日 (水)

GARMINとSUUNTO

そろそろ心拍数を意識して走りたいと思いハートレートモニター付き
の製品を検討。

候補は
1 GARMIN Forerunner 305
2 GARMIN Forerunner 405
3 SUUNTO T3C RunningPack + PCPod

の3製品。

機能的にはGARMIN Forerunner 305が最有力だが
サイズが大きいのに躊躇する
小生手首が細く、でかい時計をすると、なんとも
みっともない状態になるので、このサイズ(59×69×18)は
どうよ思う。大人の玩具としては良いと思うが
この形状を見ると、その昔購入し、あまり役立たないまま
お払い箱になったPDAを思い出し、これもちょっと考えさせる

GARMIN Forerunner 405は時計と同等サイズなのだが
中途半端に時計風なデザインが気に入らない、しかも高いで×

SUUNTO T3Cはデザインと機能は良いと思うが、FootPodで
算出する距離の正確性が気になる
ただ時計として使ってもオシャレな感じもするので
そこは良さそうな気もする
下記サイトの記事も気になった
allabout マラソン

というところで知り合いのランナーに助言を請うたら
その人は”GARMINフォアアスリート205”を
購入した人なので、以下の様なお勧めをしてくれた

 ・女性でも問題ない大きさ?と重さ
 ・心拍数以外は305と205の違いはなし
  ※その人は、普段心拍数を気にする局面が
   殆どないとのことで205を選ぶ
 ・GPS機能はGARMINダントツ
 ・履歴やPCへの自動取り込みが可能
 ・大会参加時は自動ラップ付の時計は本当に便利

ここはお勧めどおり、ガーミンにするかと言うところで
衝動的に、心拍計付きのGARMIN Forerunner 305を注文して
しまいました。

しかし事後報告した奥さんの反応は冷たかったな

でも楽しみ

ブログランキングに参加しました
良ければ↓アイコンをクリックしてください

人気ブログランキングへ

2008年8月12日 (火)

2大会に申し込み

本日
第37回タートルマラソン全国大会 (ハーフ)
第28回 つくばマラソン (フル)
に申し込みをしました。

思えば1月の新宿シティハーフマラソンに参加する為に、
今年の元旦から練習を開始しました。
大会終了後もそのまま練習継続して今日に至り
先月やっと月間距離数が120kmを超えて、もうちょっと
ステップアップできればと考えているところです

今後、練習の模様を乗せていきます

トップページ | 2008年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

JogNote

ウェザーニュース

Twitterへのリンク